断乳の方法

断乳の方法

つい最近二歳になったばかりの次男の話です。早く止めなくてはと思いながらもずるずると続けてしまったおっぱい。息子のほうももうはっきりと状況を理解できている時期なので、おっぱいをあげるあげないの意味ももちろん理解しています。彼が二歳になった時、「もう二歳だからおっぱいは卒業ね。」と話して聞かせたのですが、それを聞いた次男は「おっぱいおっぱい。二歳いやいや。」とおっぱいがダメなら二歳になんてなりたくないと言わんばかりの発言を繰り返すようになりました。

あげくのはてには、「今何歳?」と聞くと一歳と嘘をつく有様です。

赤ちゃんなりにいろいろとんちも使うんだなーと半分呆れながらも感心していた部分もありました。

そんな彼ですが、私がふと着たTシャツをうまく使うことができたのです。私は大きな男性の顔が描いてある珍しいTシャツを持っていました。夫のアメリカ土産なのですが、アメリカらしくかなりグロテスクに表情が描いてあります。それは大人の私が初めてもらった時にびっくりしたほどです。

お風呂上がりに何気なくそれをパジャマ代わりにきた私は、その日、なかなか次男がおっぱいに寄ってこないなと少し感じていましたが、それがこのTシャツのせいだとはまったく思っていませんでした。

しかし、夜寝るときにとうとう次男が、「ママおっぱいこわい!」と言ったのです。こういうやり方はあんまりよろしくないと育児書で見たことがあったのですが、「この期を逃すともったいない、今やらなければ!」と思った私はその日がんばっておっぱいなしでトントンと背中を叩きながら寝かしつけることができました。

色々な方法があるかと思いますが、このまま一気に断乳できればと思っています。

大阪婚活パーティー

お豆腐っておいしい

昔はそんなに好きではなかったのに最近好きになったものがあります。それが豆腐です。食事の好みの変化って、一定周期で訪れますよね。前の変化の時は、まったく

ダメだった納豆が食べられるようになっていました。その代わりさつまいもの天ぷらが嫌いになっていました。とても不思議な人体の未知ですが、今回はそれが豆腐

だったようで、ものすごく豆腐料理にはまってしまっています。

豆腐料理といっても、豆腐の味が生きるもののほうが好きでよく作ります。湯豆腐や豆腐サラダ、冷奴、豆腐コロッケなどなど。こうして書くとかなりの手抜きに

見えてしまいますが、そのほうが美味しいんです。特にお気に入りはスペシャル冷奴でしょうか。奴の上に色々な具材をかけて食べるのでサラダといわれればサラダ

なのですが、ここは奴にこだわりたいと思います。

水菜とおじゃこや食べるラー油、ごま油と塩、ちょっと濃い目のポテトサラダ、練り味噌などなど、日々の気分にあわせてなんでも乗っけてしまいます。文字面にすると

本当にサラダですが(笑)サイズ的には一人前なのです。定番はお醤油だと思うのですが、あまりお醤油との組み合わせは好きではありません。美味しいお醤油を使える

ならいいのですが、お豆腐にかけるとお醤油の粗がかなりはっきりと出てしまいますので、普通のしょうゆではあまり美味しく頂けないのです。

それならば他の調味料で頂いたほうが、案外美味しくいただけますし飽きずに済みます。恐らく子どものころに毎日冷奴を出されていたら、豆腐を見るのも嫌になって

いたでしょうが、大人になって飽きずに食べられる方法がわかったので、当分は続きそうな予感がしますね。これからさらに色々なレシピを増やしていきたいと

思います。